10月9日(月)第22回北辰会ゴルフコンペが開催されました。

 10月9日(月)愛岐カントリークラブにて、「第22回北辰会ゴルフコンペ」が23回生の幹事・運営により開催されました。当日は雨模様にも拘わらず1回生から58回生まで133名と多くの同窓生の参加がありました。すこし不安定な空模様で心配されましたが、スタート間もなく雨も止み、全員が無事プレイを終了することが出来ました。なお、成績は以下の通りです。

【個人の部】優勝:16回生 羽柴 誠様

      準優勝:13回生 水野 清治様

      ベスグロ賞男性の部:14回生 吉川 桂介様 グロス78

      ベスグロ賞女性の部:20回生 鵜飼 順子様 グロス85

【団体の部】優勝:16回生 羽柴 誠様 今井 久朗様 鵜飼 雅彦様 佐々木 信二様

      準優勝:14回生 加藤 文雄様 吉川 桂介様 安藤 昌典様 鈴木 秀和 様

      3位:13回生 水野 清治様 大沢 隆様 佐橋 政信様 丹羽 博彦様。

来年は24回幹事で開催されます。多数の参加をお待ちしております。


11月19日(日)清掃活動と講演会が開催されました。

 11月19日(日)、110人の会員が晴れやかな秋空とちょうど見頃を迎えた美しい紅葉の虎渓山で清掃活動を行いました。

 落葉の多い頃合いで非常にやりがいのある作業でしたが、昔話に花を咲かせつつあっという間に時が過ぎていきました。県内外からも多くの観光客が来多される時期でしたので、微力ながらも地域貢献できたかと思います。

 第2部では「新しい大学の構想と学びの形」をテーマに、一般社団法人CoIU設立基金 大学構想企画室 辻田雄祐氏の講演を拝聴しました。辻田氏は、2024年に飛騨高山の地にて開校設立準備中の私立大学Co-Innovation University(CoIU)の入試広報責任者を務めていらっしゃいます。国や地域、立場を超えて絆を築く「共創」を実現することで、閉塞感漂う日本の未来を拓き、課題解決や社会変革を成し得る人材を育成されていかれるようです。岐阜県人として、岐阜県に先進的な教育機関が誕生することに期待を膨らますことができました。


PTフォーラムで17回生の中田卓也さんが在校生に講演

 10月18日、17回生の中田卓也さん(ヤマハ株式会社取締役代表執行役社長)が「為さねばならぬ、何事も ~一度しかない人生を、全力で楽しもう~ 」と題して全校生徒に講演されました。PTフォーラムの開催にあたり、白石秀史校長は「日本を代表する企業のトップに講演いただける北高はすごい学校、多治見北高とのつながりを大切に、後輩たちの為にありがとうございます。」と中田さんの来校を歓迎致しました。

 中田さんは、

「世界中の人々の心豊かな暮らしを使命に、28,000人の世界中の社員とともに音楽で社会課題を解決したい」

と仕事への思いを話されました。また、在校生のこれからの人生の参考になればとして、

「全力で夢中になって変化と挑戦を楽しみ続けていたら社長になりました。社長は目的ではなく手段、何をしたいから社長になるのかが大切。」

「どんな仕事も無駄にならない、難しい仕事の方が面白い。少しでもいいから昨日より今日、今日より明日、何かちょっと変えていこうと考え続けてやり続ける人が成長する。夢中になって仕事をすることが一番。」

「初めての転勤が50歳を過ぎてアメリカ駐在、現地法人社長に就任しました。違うものは違う、日本の感覚だけではグローバルでは通用しない多様性を肌で感じ取れた」

と、これまでのキャリアをお話されました。

 そして、

「為さねば成らぬ何事も、やらない限り絶対に始まらない、これを肝に銘じてBe positive!」

「どんなことでもポジティブな面とネガティブの面があるけども、あえてネガティブには目をつぶって  ポジティブだけを見る。そして笑顔でpositiveに生きていこう!」

と在校生にエールを送りました。

 生徒からの「28,000人の社員分の責任はとても重い、まいっちゃうことはないですか?」との質問に、「へこたれないためには覚悟をもって最善を尽くす、ダメだったらそれが限界。」

 「就職活動で大切にしていたことは?」との質問には、「いろんな考えをしっかりと述べること。論旨が通っている、理路整然としていることを評価する。」と答えるなど、予定時間を超えて多くの質問が寄せられ、生徒たちにとって興味深い時間になったようです。

 終わりに「日頃の生活で失敗や責任を気にして本当はやりたいのにやれていない、行動しなきゃと思える講演でした。笑顔でpositiveに頑張ります!」と、生徒から中田さんへお礼の挨拶がありました。


令和5年度第2回本部役員会が開催されました。

令和5年9月24日(日)多治見市役所会議室にて令和5年度第2回本部役員会が開催されました。加藤文雄会長の挨拶のあと、白石秀史校長よりご挨拶と学校報告をいただき、各員会からは事業計画等の報告がありました。詳細は下記のファイルにてご確認下さい。


11月19日(日)清掃活動と講演会が開催されます。

 コロナ禍においてしばらく開催が見送られておりました秋の清掃活動と講演会が今年は11月19日(日)に開催されます。

 正式には各学年幹事等より、あらためて案内があるかと思いますが、概要のみ下記の通り記しておきますので参考にご確認下さい。

 

【 開 催 日 】 令和5年11月19日(日)

【1部 清掃活動】 場所  虎渓公園・永保寺周辺 

          時間  受付8:30~ 終了予定9:40

【2部 講演会】 テーマ  ともに未来をつくる大学設立

         講 師  辻田 雄祐 氏

         場 所  学びの丘エール

         時 間  10:15~11:45


令和5年度第1回本部役員会が開催されました。

 令和5年6月17日、令和5年度第1回本部役員会が開催されました。コロナの苦しい時期を越えて本年度からは従来通りの年間活動が予定されており、10月にゴルフコンペ、11月に秋の清掃活動が開催されます。

 以下に令和5年度第1回本部役員会配布資料および会議録を掲出致します。今後とも同窓会活動へのご協力をお願い申し上げます。

Download (PDF, 1.35MB)

Download (PDF, 879KB)


第22回北辰会ゴルフコンペ開催のご案内

初夏の候、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。

コロナ禍の折、延期となっておりました北辰会ゴルフコンペを開催する運びとなりました。今年は10月に開催させていただくこととなりました。今回も多くの卒業生の皆さんのご参加をいただき、にぎやかに開催したいと存じます。
 尚、各卒業年次のコンペとりまとめ役の皆様におかれましては、公私ともにお忙しい中ご苦労をお掛けいたしますが、ぜひ多くの参加者を募っていただけるよう宜しくお願い申し上げます。
 なお、当日は多治見陶器まつりが開催されます。関係者の皆様には開催日が重なった事をお詫び申し上げます。

1.開 催 日   令和5年10月9日(月・祝)
2.開催場所  愛岐カントリークラブ 
        〒509-0238 可児市大森1501
             TEL:0574-64-1211  FAX:0574-64-3060
3.プレー代   キャディー付き… 会員 15,400円, ゲスト 21,000円 
 (各自清算)  セルフプレー   会員 12,030円, ゲスト 19,000円 

※1Rスループレー、朝コーヒー券、茶店ドリンク券×2、パーティー
(1ドリンク付き)、賞品代、消費税、振興基金を含みます。 
※プロショップ等での購入費及び追加の飲食は各自でご精算ください。

4.参 加 費  1,000円(運営費、追加商品など)
(別途集金)
5.表  彰  個人戦 優勝~10位、100位まで(5位ごとの飛賞)
        BB賞、NP賞、DR賞、BG賞、特別賞
        団体戦 1位~3位

6.出欠の返事   
締め切り8月31日、別紙参加申込書にご記入いただき、上記愛岐カントリークラブ宛にFAXにてご返送願います。なお、この案内は代々引き継がれている卒業年次ごとの取りまとめ役の皆さんに送付しておりますが、交代されているようであればご一報願います。

第23回北辰会ゴルフコンペ幹事
千賀 研治(23回生)


令和4年度総会が開催されました。


 令和5年3月21日、令和4年度総会が平成30年度総会以来となる会場での対面形式で開催されました。本総会では、対面の再開と期を同じくしてコロナの苦しい時期を乗り越えて8年間を務められた伊藤恒一会長が退任され、新たに加藤文雄新会長が選任されました。

 残念ながら懇親会の開催は見送られましたが、今回の総会が新たなスタートの節目となり、来年度は従来通りの各種行事が開催され、令和5年度総会では懇親会の開催も期待されます。

 以下に総会資料、本総会で改定決議された会則、役員および学年幹事の名簿を掲出しますので、よろしくお目通し下さい。今後とも同窓会活動へのご協力をお願い申し上げます。


関西支部定期総会情報

4年ぶりに関西支部の定期総会・懇親会を開催いたします

日時:2023年6月4日(日)午前11時〜午後1時30分
場所:ホテル竹園芦屋(兵庫県)
講演:吉田美喜夫さん(8回生)

皆様のご参加をお待ちしております。

関西支部幹事一同


杉本福井県知事が在校生に講演

 10月25日に杉本達治福井県知事(21回生)が「スタートは多治見北高」と題して在校生に講演を行いました。
 この講演会は、多治見北高・PTA・同窓会が毎年開催しており、主に各界で活躍する同窓生を講師に迎えて在校生に大学進学やキャリアについて考える機会を提供しています。この講演会で現役知事をお迎えすることができたのは初めてです。多治見北高校の体育館に3年生が対面式で聴講し、1、2年生は各教室へのリモートで聴講することでコロナ感染拡大防止対策を講じています。
 白石校長先生は、「現職知事であられる杉本達治さんに母校で講演していただけるのは特別な機会です。多治見北高校の同窓生は特別な経験をすることができて幸せです。これからの進路選択やキャリアについて深く考える機会になることを期待しています。」と講演に先立ち挨拶されました。
 杉本達治さんの講演では、「藹然」を座右の銘として紹介、人と接するときは和やかに、よく相手の話を聞いて相手が喜ぶようなことを心掛けると自分の話も聞いてくれるようになる、「為せば成る為さねばならぬ何事も」この言葉を心に灯し続けて志を立てよう、やめない限り終わらない、と生徒たちに語りました。また、ふるさと納税創設の経験や知事就任までの道のり、幸福度日本一を目指した「ふく育県」の取り組みなど、経験と実践を交えた講演でした。
 生徒たちからは、なぜ東大法学部にこだわったのかとの質問に、自分のポリシーで高い山に登りたかった、学生時代にやっておいた方がいいことはとの質問に、大学では自分が求めているような才能を持った人に出会える、若い時に文化の違いをよく知った方がいい、好奇心の赴くままにどんどんやってほしいとエールを送りました。

※令和4年10月26日付け岐阜新聞県内版掲載 岐阜新聞社使用許諾済