卒業50年記念修学旅行

我々多北7回生の同窓会は第8回となり、今回の同窓会代表幹事の山田幹雄さんのご厚意により、瑞浪市で経営している平和コーポレーション(株)を使って「卒業50年記念修学旅行」と銘打って企画され、大型観光バスを一台提供して頂き、魅力満載の一泊旅行となりました。

3月26日午前、瑞浪市から出発したバスは、土岐市、多治見市、可児市とメンバーを乗せ、別途集合した総勢51名が、前回(H26.10)、前々回(H24.9)と同様、滋賀県の「エクシブ琵琶湖」に集まりました。
 午後3時頃にホテルに集まったメンバーは、前も参加された方が多くおられたせいか最初から打ち解けて話が弾みました。今回の会場も前と同様、北川義展さんのお世話になりましたが、立派な施設でゆっくりと温泉につかり、その後全員の集合写真を撮り、17時過ぎから同窓会が始まりました。

会は、私の開会挨拶及び司会から始まり、安藤葉子さんの指揮のもと校歌斉唱を行い、そして今年亡くなられた東京の井口(籠橋)淑子さん、多治見の加藤(服部)美和子さん他を偲んで物故会員への黙祷を行いました。次に代表幹事の山田幹雄さんの挨拶に始まり、川崎からはるばる来た伊東正孝さんが乾杯の発声を行い、しばらく歓談の後、クラスごとの近況報告等を聞き、最後に次回は多治見が担当ということで2年後に開催することを約束して会は盛大に終了しました。その後はラウンジ、とかバーではカラオケ大会となり、またまた盛り上がり、その後は部屋に戻って、部屋で話が尽きることなく深夜まで続きました。
 宿泊者の翌日は、美味しい朝食を頂いた後9時前に、二日目の旅程である奈良薬師寺にバスで向かいました。

一日目もそうだったのですが、道中は山田幹雄さんの洒脱なバスガイドで退屈することなく、現地に到着しました。薬師寺新管主の村上太胤さんは、山田さんのJC時代の友人で、我々は特別待遇で息子さんの定運さんに境内の案内をしていただきました。その後、京都に向かい昼食の会場である「今日の台所 月の蔵人」を訪れましたが、会場には同窓生の石田信己さんがわざわざ訪ねてくれました。最後に伏見稲荷大社を観光して帰路につきました。 また、今回も寄付金を募りましたところ 24名 130,500円のご協力を頂きました。多くのご協力を頂き、誠にありがとうございました。本会同窓会の方に60周年記念行事のため7回生として5万円を寄付しました。

また、今回の様子を北川義展さんが映像(DVD約3時間)を撮っておりますので、希望される方は北川さんに直接連絡ください。 それでは、最後になりますが2年後の同窓会には、更に大勢の方のご参加を期待しています。

7回生 加藤誠治


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です